2020年までのベトナムの労働人口

HOT
08/05/2020

ベトナムは東南アジアの発展途上国であり、膨大な若年労働力を持っています。毎年、日本には非常に多くのベトナム人が働きに出かけます。 ここは世界で最も多くのベトナム国民を受け入れる場所と考えられています。ベトナムの人口は、出生率が死亡率よりも高いため、今後大幅な増加が予想されています。

dan-so-viet-nam

ベトナムの労働人口の状況

ベトナム国勢調査の結果によると、202043日の時点で、ベトナムの総人口は97,090,558人に達しています。この結果、現在、ベトナムの人口は世界の人口の1.25%を占め、世界で15番目に人口の多い国であり、東南アジアでは(インドネシア、フィリピンに次ぐ)3位にランクされています。

2020年には、ベトナムの人口830,254人に増加し、2021年初頭には97,734,158人に達すると予想されています。出生数が死者数の945,967人より多いため、自然人口の増加はプラスになると予想されます。 移住が前年と同じレベルで継続する場合、人口は115,713人減少します。 つまり、ベトナムに移住して来る人々の数は、この国を離れて別の国に定住する人々の数よりも少なくなります。2020年までのベトナムの一日あたりの人口変化率は次のように推定されています。平均して毎日4,293人の子供が生まれ、 毎日平均1,701人が亡くなり、平均して一日317人が海外に移住するので、 ベトナムの人口は2020年には一日あたり平均して2,275人増加する計算です。

非常に若いベトナムの人口

ベトナムの人口は、一日の平均死亡率のほぼ3倍の出生率であるため、アジアでトップの若年人口と考えられています。実際のデータは、2020年と今後数年間、ベトナムが国内で活動する若い人材を確保し、地域の他の先進国に労働力を提供することを示しています。現在、ベトナムの労働力は先進国に輸出され、外国の収入を得るために働いています。ベトナムの労働力国は、日本、韓国、台湾、ルーマニアなどのヨーロッパ諸国へ労働力輸出に行くことが多いです。

dan-so-lao-dong-viet-nam

ベトナムの労働者のレベル

ベトナム国民は現在、ほとんどが高校教育を受けています。これは、ベトナム人労働者の知的レベルが非常に高いことを示しています。言うまでもなく、ベトナムの学生の多くは大学進学を望みますが、職業教育の中で失業のリスクを抑えるために特定の職業の専門的なスキルを磨く意義を学び、進学以外の道を選ぶようになっています。

ベトナム人労働者は、日本をはじめ他の国々で、レストラン、ホテル、機械技術者、農業、アパレルのような職業に就くことが多いですが、スキルが高く器用なので、トレーニングや見習いにあまり時間がかかりません。

ベトナム人労働者を受け入れている国は、ベトナム人労働者の外国語のレベルとその労働のスキルに非常に満足しています。

ベトナム人労働の性格

ベトナムの市民はまじめで我慢強く、非常に働き者です。 職場では、彼らはいつも向上心が強く、役割をしっかり果たします。

特に、日本に住むベトナム人労働者はもっと残業をしたいと思っており、いつでも残業する準備ができています。ベトナムの労働者はまた、「聞き上手」であり、工場の他の労働者との連帯感があります。また、彼らは日本の文化、美しさ、そして人々を愛しています。これにより、ベトナムの労働者は、「日いずる国」の地にすばやく慣れ、そして長く住み続けることができます。

このように、2020年のベトナムの労働人口の状況、労働者の教育レベルと性格特徴により、日本や他の先進国はベトナム人労働者を自分の企業で働いてもらえるよう、ぜひ勧誘したいと思うでしょう。2020年の日本は、両国間の外交関係を引き続き促進し続けることによって、ベトナムの強力な人材を企業が受け入れる最高の条件を作り出すことでしょう。

HOT
08/05/2020
サポートが必要ですか?

「TVC Group」についてご質問がある場合は、以下にお問い合わせください。できるだけ早くご連絡いたします

連絡先