組合とは? 組合は日本企業においてどのような役割を果たすか?

HOT
12/05/2020

組合は日本の従業員と企業の両方にとって非常に重要です。組合は従業員の利益に責任を負い、日本企業の外国人従業員の採用に責任と役割を果たします。理解を深めるために、以下の共有情報からも学びます!

組合とは?

簡単に言えば、日本の組合は、日本で生活し働く従業員や実習生の利益を守るために設立された大衆組織です。

組合はまた、企業の外国人従業員を募集する責任があります。つまり、日本企業が実習生や外国人従業員を採用したい場合、組合を通過しなければならないということです。

組合は、従業員の募集と管理の両方において仲介的な役割を果たします。

組合は日本企業においてどのような役割を果たすか?

採用担当者へのお問い合わせ

上述のように、外国人従業員を募集する必要がある日本企業は、面接を実施するために組合(管理団体)を通す必要があります。地元企業の採用プロセスはすべて組合のもとで行われます。

企業と組合が雇用のために話し合う場合、従業員の要件について交換します。企業は組合に基本情報を知らせなければならず、組合はベトナム市場の送り出し機関に直接、手数料を請求します。

ベトナム人が個人的に日本企業で働くためには、組合を通して企業に連絡を取る必要があります。

特に、ベトナムの企業から日本へ従業員を派遣する場合は、その人は研修生や実習生と呼ばれません。そしてもちろん、彼らは組合を通過する必要はありません。

ベトナムに人を派遣して面接を実施する

組合は、一定の申請を経た後、従業員や研修生との面接のために数人をベトナムに送ります。

合否結果は、組合ではなく事業者が決定します。場合によっては、組合はアドバイスとコンサルティングサポートのみ行います。

企業の調査

企業と組合の間には強いつながりがあります。したがって、毎月定期的に企業を訪問し、従業員の相談や支援を行い、企業の状況や待遇などをチェックします。

従業員の重要な役割

従業員の権利の保護

組合の主な役割は、働く人々の権利を保護することです。組合は毎月、会社に担当者を送り、従業員を訪問して励まします。

従業員が雇用主について悪い評価を持っている場合、組合が解決します。いずれにせよ、組合は常に企業と従業員の間で発生する対立する問題を、両者の間に立って解決します。

日本人従業員と外国人従業員の区別はありません。 すべての従業員が同じメリットを享受します。したがって、日本で働くベトナム人研修生は常に組合の保護を必要としています

日本での生活と仕事における従業員の管理

どの組合を通して従業員の採用を決めるかによって、これから先ずっとその組合によって直接管理されます。そして毎月、組合の担当者が、宿泊施設や食事や仕事の状況を見るために訪問します。

作業中の紛争や事故への対応をサポート

日本での仕事の過程で、紛争が発生したり、入院を必要とする事故が発生した場合、組合が直接訪問して問題を解決します。

組合が解決できない場合、従業員はOTITに直接連絡して援助を求めることができます。

上記は、組合と日本の企業および従業員に対する組合の役割に関する情報です。あなたの企業に合う評判の良い組合(管理団体)を選んでください。従業員について相談したい場合は、いますぐ24時間年中無休のサポートにご連絡ください。

HOT
12/05/2020
サポートが必要ですか?

「TVC Group」についてご質問がある場合は、以下にお問い合わせください。できるだけ早くご連絡いたします

連絡先