日本の外国人労働者を受け入れるにあたっての政策の変更

HOT
08/05/2020

「特定技能労働者」の在留資格による外国人労働者の受け入れ拡大を目的とした出入国管理法が今年4月に改正されましたが、外国人労働者の受け入れは当初の計画に比べてまだまだ低いままです。

2019年12月20日の外国人労働者の受け入れ拡大策を議論する政府会議は、改正行政法の発足以降、新たな「特定技能」のもとで日本に来た外国人の数は11月末現在の日本入国管理局のデータによると1,019人と発表しましたが、初年度の政府の目標は 40,000人でした。

thay-doi-trong-chinh-sach-tiep-nhan-lao-dong-viet-nam

この状況にかんがみ、日本は外国人労働者の受け入れに関して、いくつかの方針の変更を決定しました。以下の2つの対策があります。

解決策1:企業の仲介業者のシステムを拡大する。日本政府は支援政策を提供し、また、中央レベルから地方レベルまでの機関の連携を強化し、企業と労働者とを結びつける多くの機会を作り出します。この対応策は、労働者が、希望する就職先をうまく見つけられるようにします。

解決策2:日本での受験機会を拡大する。これにより、3ヶ月以内の短期滞在で初めて日本を訪れる人でも受験することができます。この新しい方針は20201月から適用されます。

このように、観光やビジネスで日本を訪れて来た人々も、この国で特定技能労働者として働くための試験に参加することができます。これまでの規定では日本の中長期滞在の外国人に限定されていました。 さらに、次のような新しい情報があります。

専門試験や日本語試験などの専門分野の労働者採用試験は、主催者によって多言語で広く発表されます。

特定技能労働者は、改正された日本の出入国管理法で規定されている新しい在留資格です。したがって、介護、建設、農業、外食、ホテルなど、日本の労働力が著しく不足している14の業種で働く未熟練労働者を受け入れています。

日本政府は、新しい出入国管理法が施行されてから5年以内に345,000人の外国人労働者を特定技能を持つ居住者として受け入れる目標を設定しており、 初年度は40,000人の従業員を引き受けることができます。

HOT
08/05/2020
サポートが必要ですか?

「TVC Group」についてご質問がある場合は、以下にお問い合わせください。できるだけ早くご連絡いたします

連絡先